いっぱい過ぎる青汁

人気記事ランキング

ホーム > 交際クラブ > 東京、渋谷の交際クラブで失楽園

東京、渋谷の交際クラブで失楽園

東京、渋谷の交際クラブで失楽園を体感した。

 

元々失楽園はイギリスの詩人 J.ミルトンの叙事詩のアダムとイブの物語ですが、日本では不倫をテーマにした映画にテレビ放映などが有名です。また近年では昼顔などのドラマが話題ですがこれはいつの時代にもそこらじゅうにあふれている話題ではないでしょうか?夫婦生活を長くやっていると夫婦の夜の営みは家族になればなるほどになくなっていくものです。また逆にその家族を守ったり維持していく過程に於いてのガス抜きなどが俗に言う不倫の当たるのではないでしょうか、ただ不倫の定義は定かではありませんが金銭が入っているとどちらかと言うと割り切りに近い交際になります。また金銭が伴わない不倫交際に於いては女性側が圧倒的に不利になってしまいます。弱り目に祟り目でありいいことが何もありません。唯一相手の男性と一緒の時間だけが幸福を感じられる瞬間になりますがその相手の男性の真意もはハッキリとは見えないものです。男性が良く言う殺し文句は奥さんとは別れたいからとかや、夫婦の関係はまったくないからとかの文言です、好意を寄せている女性がこの言葉を聞くと私ならもっと優しくしてあげられるのにと思ってしまいます。でも大体この言葉が出てきていて毎日しっかりと家に帰っている男性は100パーセント離婚はしないものです。本当に別れようと思っている状態はまず家には寄り付かなくなり外泊が多くなります。したがって何から何まで独りよがりの一人相撲になってしまいます。ではどうしたら不倫の代償までとは言わないものの釣り合いが取れるのでしょうか?それは相手の奥さん以上に手当てや金銭を貰わないと合わないと言う事です。女性は自分の肉体や若さを相手の男性に捧げてその期間は身も心も縛られるのでそれなりの見返りがないと釣り合いません。また不倫をするなら男性はそのくらいの甲斐性がないといけません。

 

これが唯一可能な男性は普段身を粉にして働いている経営者などです。また不倫ではない割り切り交際に近い内容であれば許される内容です。いつの時代も不倫は道徳的や倫理的にノーの社会ですが、そのようなドキドキの時間も長い人生には必要になってきます。不倫ではない割り切り交際には少なからずの必要性や需要も感じられます。夫婦である相手が乳がんで片胸を除去してしまったり子宮筋腫などの婦人病にかかってしまった場合などは男性には行き場がなくなってしまいます。このような問題を抱えている夫婦は世の中にはそれなりの人数がいると思われます。

 

芸能人などは不倫が発覚するとマスコミのかっこうのネタにされてしまいます。それは当然テレビも煽って取材しますし視聴率もあがりますが夫婦のそこらへんの性絡みの原因や理由については表に出てこないので、ただ不倫をした芸能人のレッテルを貼られ何十年もネタにされてしまいます。不倫には必ずそこに至った理由が伴います。そこをひも解いていかないと問題は解決しないのです。それは夫婦の女性側にも問題があると言う事です。道義的には不倫をした男性と相手の女性が悪いことになりますが、そこまで至るには奥様にも問題が少なからずあると言うことです。

 

失楽園のような交際までは行かなくともそれに近い内容での交際が出来る場所が交際倶楽部になります。最初のスタートは割り切り交際からがほとんどですがそこから親密になった相手との失楽園デートなども可能みたいです。またそのような歪な愛に溺れてみたい願望のある男性にも合う場所ではないでしょうか。

東京、渋谷の交際クラブで失楽園